参照太夫の、桃色JUKEBOX

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛しのクソロック

<<   作成日時 : 2011/06/14 17:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 あの時代のロックには、確かにクソパワーがあった。

 クソロックの金字塔  サー・ロード・ボルティモア

 Sir Lord Baltimore
 Kingdom Come


 ロックと戦争は似ている。

 どちらも電気のテクノロジーの上に成り立っている。

 どちらも男が大好きなジャンルだって事だ。(大意)


 これは、喜納昌吉さんの言葉です。何かに書いていた。何だっけ? そうだ! 
 〇〇のママから頂いた昌吉さん自身の著書だった。


 昌吉さんの都内においての隠れ家≠フママには、ひとかどならぬお世話になった。お元気なら、なによりですけど。ちゃんと連絡しなきゃね。ゴメンナサイ。


 とっても、お世話になったのね。

 そーだ。

 ちゃんと連絡とらなくちゃ!

 ああ。分かったよ。


           

 昌吉さんと、当時のバンド「セレブレーションズ」と一緒に飲んだアワモリ。美味かったです。毎度ながらママの料理の美味かったこと……。
 ママの弟さんと、くりかえしジンジンを流しながら、土瓶を持って踊りまくった事が忘れられません。


 喜納昌吉の「ジンジン」は、日本のクロスオーバーサウンドの最高傑作だと思います。
 三線のフレーズがダンダン良くなってくるんだよなあ。
 そこに、定期的にブワット被るスライドギターが、とっても効くんです。

 うぬ。埋め込み&s可かあ。↓ しかも、この一曲っきり。こいつあお宝≠セ。


 喜納昌吉とチャンプルーズ  ジンジン (JING JING)

 歌う天気予報。若い頃の昌吉さん。しっかり映ってますねえ。
 ちなみに、「ジンジン」のスライド・ギターは、あの、ライ・クーダー。



 そうです。電気テクノロジーが急激に進化したあの次期だからこそ、ロックはクソパワーを手に入れ、世界を席巻したのです。

 さあ今夜は、もっともっと深い深い、クソロックの世界へ行ってみよう。


 Sir Lord Baltimore
 Master Heartache

 一発めの「Kingdom Come」も1970年のこのアルバム。
 このバンド、サー・ロード・ボルティモアは、意外にシブトイ。
 You Tubeによれば2006年モノまでクレジットされている。もしかして、まだ活動してるかも。



 何がクソロックかって? キャプテン以上のクソロックヅラは、まずいない!

 Captain Beefheart Upon The My O My Old Grey Whistle Test 1974

 「さすがはザッパ先生のお友達。キャプテン・ビーフハートでありんすな。
 目が狂気に満ちているでありんす」
 と参照太夫。


  Captain Beefheart Fantasy Fair Magic Mountain 1967


 「更に遡(さかのぼ)ってみれば……やっぱり変でありんすねえ」

 ドアーズが、ロックに演劇性を持ち込んだ。って事になってるけど……ジム・モリソンは確実に、キャプテンの研究をしてるよ。

 Captain Beefheart & His Magic Band - I'm Glad


 「何だか趣旨が……? アバンギャルドの方向へ……行ってるでありんす」

 マズイな。ザッパとキャプテンがアノ世から呼んでるんだ。

 「冥府から、生臭〜い風が、ソヨソヨ吹いてくるでありんすよ〜」

 嫌だ! 「ボンゴ・フューリー」の世界へは行きたくない!

            〜◎ボンゴ・フューリー
                            〜◎ボンゴ・フューリー

 ザッパ先生もキャプテンも、成仏してください! 合掌。合掌。合掌。

 う〜〜〜! 冥府に引っぱられるう!
 

 おんあぼきゃあ・・

 べえろしゃの・・

 おおまかぼだらまに・・

 はんどら・・じんばら・・

 はらばりたや・・しえ〜い!


 駄目だ。呪文が効かない!


            〜◎ボンゴ・フューリー
                            〜◎ボンゴ・フューリー

 くそ。このままじゃイカン!

 これでどーだ!


 Jumping Jack Flash - Rolling Stones


 「え? ストーンズもクソロックでありんすか?」

 そーだ! ストーンズってのは元々、クソロックの横綱なんだ!

 「言われてみれば、神様級≠フクソバンドでありんすからな!」

 ふう。どーにか助かった。危なかった。

 キャプテンは去年、まだ死にたてのホヤホヤだからな。


 「遅ればせながら、合掌でありんす」


  コノヒト、何でコンナモン作ってるのかな?
 シカモ、結構苦労して……。と思った人は愛のクリック
 お答えします。ちょっとパアパアなだけです。





 クソロックを続けよう。

 The Knack  My Sharona


「アホバンド」や「カスバンド」ってのは、「クソバンド」とは意味が違うし……。

 ……難しいんだよ。


 Robert Palmer - Addicted To Love


 これは確信犯的クソロックサウンドだ。ZZトップなんかもそーだな。

 ううむ。容量が……そろそろヤバイな。

 という訳で、健闘したが、まだまだ詰めが甘い感じがするが、ま、いっかあ。




 「疲れたみたいでありんすね」

 何せ、キャプテンとか行っちゃうと……、冥府魔道だかんな……。

参照太夫  目次めくり  小野寺(エステボー)善行

HBEロッカ   にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へ
  
    ♪党首

愛の↑クリック


 Led Zeppelin-Stairway to Heaven
 はあ。キレイな音は
 やっぱ、いいなあ。
 ジミー・ペイジ様の
 写真がいっぱいで
 嬉しいなあ。


 「今回は、
『Kingdom Come』
 だけでも、お手柄で
 ありんす。
 まさに涙モノを
 ゲット! 
 喜んでくんなまし」


 そっか?
 ありがとう。



            〜◎
                            〜◎













月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛しのクソロック 参照太夫の、桃色JUKEBOX/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる